市販のドッグフードの安全性について

皆さんが愛犬にあげているドッグフードの内容をご存じですか?人間が必要なエルネギー源と犬のエネルギーの違いは人間は米や小麦等で犬は肉が主食になりますが、皆さんが与えているフードの肉の量はどのくらいですか?もちろん栄養バランスもです。

 

獣医さんに聞いてみたらわかりますが、人間と犬の腸の長さの違いが何故か。

 

犬を含めたペットフードの安全規制がない、ペットフード公正取引協議会はフードの内容は80%表記で、残り20%の表記は自由みたいです。

 

法的規制がないのが現在です。

 

皆さんが、食べる食品に20%も何が入っているか分からないものを食べますか?ましてや可愛い愛犬(子供)に与えますか?長生きしている犬は人間と同じもの与えれば良いという獣医もいます。

 

私の経歴は、シェパード3匹・コッカ・ダックス・トイプードル3匹と8匹です。

 

近年、ペットブームになり、フードビジネスに飼い主が騙されていませんか?昔は犬マンマというくらいに人間の残飯を味を薄めて与えて16年・18年生きている犬が近所にいます。

 

犬のフード=インスタント食品(人間)と考え、出来る限り少なくして飼い主が何を与えているか分かる犬の食生活が今の私たちに必要なのではないでしょうか。

 

一度ドッグフードについて見なおしてみて欲しいです。

 

やはり市販のドッグフードは手放せません

 

うちはアズミラのフード(ラム)に野菜などを刻んでサプリと混ぜてあげています。

 

やっぱり酵素を摂らせてあげたいので。

 

それと食べる楽しみを与えてあげたいので。

 

しかしいつ何時何があって作ってあげられないかもしれないので、やはり市販のドッグフードは手放せません。

 

粗悪なフードの認識が高まってきていますが、良いとされているフードでも穀物主流はあまりよくないんじゃないかなーと個人的には思います。

 

あと皆さん獣医の進めるフードもかなり良し悪しです。

 

やはり、自分で栄養学的なことを軽く勉強した上で自分の判断で決めてあげるのがいいんじゃないかなーと思います。

 

私は実際昔国産の安価なフードを与えていました。

 

そして外耳炎・皮膚病・臭腺炎・肝臓やコレステロールの数値に悩まされていました。

 

しかし、フードや食べ物を変えただけで、短期間で全て完治し、今では目が輝いてるねっといわれるくらい元気になりましたそのような経験があるので、食べ物は本当に大切ですよね!!人間にも同じことが言えると思います。

 

ファーストフードやコンビに弁当、イライラしたりすぐキレたり・・・ん〜奥深い。

 

食はあらゆる面の基礎になりますから、良くて美味しいものを食べさせてあげたいですよね。