何も知らないまま良くないドッグフードを与えていました。

何も知らないまま良くないドッグフードを与えていました。

 

うちのワンコは鶏やラム、七面鳥、米、玄米、なまず、オートミールが陽性。

 

マグロやコーンが擬陽性とアレルギー検査でひっかかりました。

 

以前、食前頃になると黄色い胆汁を嘔吐したり、そのうち、食間にも未消化のフードを嘔吐するということが数週間続いたりしました。

 

獣医さんの見解では、好酸球やリンパ球の数値が悪く、アレルギーから来るものでは?と言われ、実際その時食べていた「グリーングレイン(ポーク)」に米ぬかが入っていたため、現在は獣医に勧められた、ヒルズの「z/d(ウルトラアレルゲンフリー)」をあげています。

 

猫フードのラインとはまた違うのかもしれませんが、やはり企業の体質自体が気になります。

 

ネットで評判のお勧めのフードを見てみると、フォルツァ10(アレルギー改善)か森乳のフィッシュ&ポテトかな?と思うのですが。

 

フォルツァ10は擬陽性のマグロが入っているのが少し気になります。

 

あと、森乳のフィッシュ&ポテトの魚の中にナマズは入ってないのでしょうか。

 

今までは「z/d」でないと仕方ないのか・・・。

 

と思っていましたがやはりメラミン混入などの事実を聞くと怖くて心配です。

 

ドライのドッグフードに要注意

 

我が家にはMダックスのブラン♂とマロン♀がいます。

 

ブラン♂が体重9.7kgというとんでもない肥満に陥り、結果心臓を悪くしました。

 

それまで家族でダイエットをさせようと試みては人間が挫折。

 

喜ぶジャーキーやおやつをあげていました。

 

心臓発作を起こすようになり、ヘルニアの傾向もあると医師に言われ家族で改心し、手作りごはんに挑戦し、成功。

 

今はなんと6kgです。

 

手作りごはんにしたきっかけは、ドライのドッグフードの恐ろしさを知ったからです。

 

須崎恭彦先生の本を読み、そらぱぱさんが言うように人間が毎日カップラーメンを食べるようなものだと知りドライフードから人間と同じ健康食にしました。

 

人間が自分の健康のために無農薬野菜や体にいいと言われるものを食べて愛するわんこたちには手軽なジャンクフード(ドライフード)ではおかしい、と思いました。

 

手作りごはんに変えて、ブランは体重維持していますし、健康状態も良好。

 

耳ダレもなくなりました。

 

うんちの状態はドライフードと比べられない程、立派です。

 

手作りは手間かもしれませんが、人と犬が一緒に生活するのだから手間ではないと思います。

 

人間の子供に毎日カップラーメンを食べさす親はいない。

 

それなら愛犬にも手作りごはんもできますよ!